インポートやってみた

ココログ「たかはしのんき年月記」の記事がある程度たまってきたので、例によってブログ出版局に製本を依頼しました。2018年1月から2020年9月まで。

その際にエクスポートしたMovable Type形式のファイルを WordPress でインポートしてみました。Movable Type・TypePad インポートツールというプラグインをインストールしてインポートを実行。あっという間に終わりました。

サイトや画像へのリンクが旧ブログに貼られている点を修正する必要がありますが、実験としては成功と言えます。そもそもこの「のんきさんの年月記2」も実験的な取り組みなので、いずれは WordPress.com や Azure 上の CentOS 7 Linux サーバーの WordPress などに本格的な移行を行うかもしれません。今回はブログのみだったのですが、そのときはコメントやトラックバックも取り込む予定です。

CentOS 7 (32bit) に Ruby をインストール

LOOX の CentOS 7 (32bit) に Ruby をインストールしました。

sudo yum install ruby

というコマンドでインストールしようとしたら、Google のミラーサイトで 404 エラーが発生したので、

sudo yum-config-manager –disable google-chrome

を実行して再度試したらうまくいきました。

CentOS 7 をインストールしました

Windows Vista がプレインストールされていた FMV-BIBLO LOOX P70UN に CentOS 7 をインストールしました。

追記:CentOS 上にいろいろインストールしようとしたのですが、32ビット版がないものもあって、ちょっと LOOX の限界を感じました。Chrome も VSCode も OpenJDK も64ビット版しかありません…。

追記2:オフィシャルサイトによると CentOS 7 のサポートは2024年4月までだそうです。LOOX の寿命はそこまでかもしれません。2007年1月発売なので、17年使えればいいのかな。