アイコンの作り方

アイコンを作ることがよくあります。プログラムのアイコンやこの WordPress のアイキャッチ画像も一種のアイコンですね。

昔のアイコンは 16×16 ドットなど低解像度のものが多かったのですが、最近は解像度が高く、このアイキャッチ画像も 128×128 ドットにしています。一昔前のクリップアートと同様の解像度になっています。

クリップアートは Office に付属していたベクトル画像。下記に昔のブログへのリンクを張っておきましたが、当初はメタファイルといったファイル形式などが使われていました。

最近では SVG というファイル形式が主流になりつつあります。Inkscape(インクスケープ)というオープンソースのプログラムで作ることができます。ただ、Inkscape は普通のパソコンだと重い印象です。Adobe Illustrator というソフトを Mac mini 用に購入して使い始めたのですが、手軽にアイコンを作るところまで、私の技術がまだ達していない現状です。

手っ取り早くアイコンを作ろうと思うと、PowerPoint の図形を使うのが簡単だと思います。Word や Excel でも図形を扱えるのですが、複数の図形をまとめてグループ化する作業が PowerPoint だと簡単に行えます。

PowerPoint で作成した図形はベクトル画像なので、右ボタンのメニューの「図として保存」から拡張子 emf の拡張Windowsメタファイル形式で保存できます。これを Inkscape で読み込めば、SVG形式にも変換できます。

SVG形式は GIMP というオープンソースのプログラムで読み込むことができ、ビットマップとして編集できます。通常はPNG形式で保存すればいろいろな場面で使えます。プログラムのアイコンとして利用したいときは GIMP でICO形式で保存することができます。

PowerPoint のマクロを駆使すれば、図形を SVG に変換することも可能だと思います。

関連項目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です