Notion

Notion(ノーション)というアプリがあることを、Mac Fan の6月号で知りました。

長いこと IT の仕事をして思っていたのは、データの変換の仕事が多いこと。データベースにある情報を取り出して Excel の表にして、グラフにしたり、他からもらったデータの必要な部分だけ取り出して並べ替えたり、その度に違うアプリを起動したり、自分でいちいちスクリプトを作ったり、なんでまあこんなに同じようなことを大勢の人がバラバラとやっているものかと思っていました。

アプリは一つあれば済むはずではないかと。多くのアプリはデータベースにあるデータを加工・入出力することで成り立っているので、相当な無駄が発生しているのではないかと。

Notion の記事を見たときに、ああこれが本来の姿ではないかと思いました。

Notion に早速個人のアカウントを作ってみました。Notion では今のところ英語と韓国語がサポートされています。是非日本でも使いやすいものにできるよう貢献したいと思っています。

また、Notion (の無料アカウント)を私と一緒に使ってみたいと思う方がいらっしゃれば、ご連絡ください。連絡は Facebook か twitter でお願いします。私のアカウントは NonkiTakahashi です。

Mac Fan の記事をよく読んだら、2021年中に日本語化する予定だそうです。

追加リソース

TypeScript (5) Visual Studio Code

今回は、TypeScript ベースの Small Basic Online v1.0 を開発するための開発環境について解説します。開発には Visual Studio Code が便利なので、これを使います。Visual Studio というとマイクロソフトの統合開発環境 (IDE: Integrated Development Environment) ですが、Visual Studio Code はそれとはまったく関係のないマイクロソフトがオープンソースとして公開しているエディタ(編集用ソフト)です。
Visual Studio Code は https://code.visualstudio.com/ からダウンロードできます。
また拡張機能として以下の3つをインストールしました。

  • Debugger for Chrome 4.11.2
  • ftp-sync 0.3.9 (Small Basic Online とは直接関係ないですがウェブサイトをアップロードできます)
  • Japanese Language Pack for Visual Studio Code 1.31.4

再度、GitHub から Small Basic Online のソースをクローン(リモートリポジトリからローカルリポジトリへのコピー)します。Visual Studio Code にはこのメニューがないので、ターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。

cd \
git clone https://github.com/nonkit/SmallBasic-Online.git/ \SmallBasic-Online

これで C:\SmallBasic-Online フォルダにローカルリポジトリができます。「ファイル」「フォルダを開く」でこのフォルダを開きます。src\app\components\common\shapes\ellipse.ts を開いてみます。このファイルをちょっと直してみたいのですが、その前に画面左下の master と書いてあるところをクリックし、ブランチを作成します。ブランチは複数のメンバーで並行してソースに手を入れるためにリポジトリを枝分かれさせる機能です。下図は、ブランチ名を blog とし、ソース管理 (git) で差分を表示したところです。
Vscode
今回はここまでとします。次回は変更したコードを走らせてデバッグします。
(つづく)